笛を鳴らせば。〜Handball Laboratory〜

ハンドボール情報を中心に、筆者が面白いと思ったことを投稿します。SNSで仲間を募集しています。

魅力、伝えられますか?

こんにちは。

暖房つけると風邪引くので、家でダウンジャケット着ているsyuです。

 

いきなりですがみなさん、10秒で想像してみてください。

 

ハンドボールの魅力、挙げれるだけ挙げてください。

よーいどんっ!

 

 

 

……はい。

5つ以上出たそこのあなた、かなりのハンドボールオタクです。もはや変態です。

 

ハンドをしたこと、観たことある人なら1つは出てきたと思うんですよね。

ここからが今日の本題です。

 

その魅力、人に伝えられますか?

 

ハンドに限らなくても、自分の好きな本・映画・スポーツなどの魅力を伝えられますか?

 

日本人って、考えや気持ちを伝えることが苦手ですよね。

 

自分の気持ちを伝えて、

「変に思われるかも」とか、

「嫌われたらいやだな」とか思ったことありませんか?

 

僕はめちゃめちゃあります。笑

 

変に思われたくないから、嫌われたくないから、結局伝える相手は同じ考えを持つ人たちや、言わなくてもなんとなく考えが伝わる仲の良い人たちだけ。

 

つまり、身内ネタで終わってしまうんですよね。

そこに発展はありません。

 

でも、思いません?

 

自分の好きなことを好きな人が増えたら、嬉しくありません?

 

僕がブログやSNSを始めた理由のひとつでもあります。

 

 

僕の大学の先輩にイギリスへ留学していた方がいるのですが、その人曰く向こうでは

 

silence is dead

 

黙っているのは死んでいるのと同じ、という考え方らしいです。

 

もちろん海外の考え方が全てではありません。

 

でも伝えなかったことで後悔した経験がある方は少しづつ、伝える作業に時間を割いてみてはどうでしょうか。

 

喋ることが好きなら言葉で、文章を書くのが好きな人は文字で、歌が好きな人は歌ってもいいし、絵を書くことが好きな人はイラストでも。

 

コツコツ続ければ、あなたを支える仲間が増えているかもしれませんね。

___________________________________

だいぶハンドと離れた話を書いてしまいました。笑

 

最後に僕が思うハンドボールの魅力をお伝えしたいと思います。

 

僕が思う、ハンドボールの魅力

 

単刀直入に言えば、"近さ"だと思います。

 

ひとつは、コートとの近さ。

 

アリーナスポーツならではの、観客とコートとの距離がかなり近いため、シュートがネットに突き刺さる音、身体接触の迫力、ベンチからの指示等が鮮明に五感を刺激しますよね。

 

そして一番の魅力だと思うのが、選手との近さ。

 

他のスポーツで日本代表選手とファンが、SNS等を通じて直接関わることはあまり見ないですよね。

 

ところが、選手自身がプレゼント企画を行ったり、試合中の写真を使って大喜利を募集したり、遠い存在ではなく、とても身近な存在に感じられます。

 

日本だけではなく、去年行われたドイツ代表とのJAPAN CUPでも、世界のスーパースター"ゲンスハイマー選手"をはじめとするドイツ代表選手が、試合後にサインや写真などのファンサービスを丁寧に行っているのが印象的でした。

 

日本におけるハンドの規模が小さいからこそできることかもしれませんが、これから大規模なスポーツになったとしても、可能な限り続けてほしいですね!

 

 

最後まで読んでいただいて、ありがとうございます!

よければSNSのフォローもお願いします。

 

では。

 

syu.